サステナビリティTOP > エネルギーの有効活用

エネルギーの有効活用

EFFECTIVE USE OF ENERGY

脱炭素社会の実現に向けた
再生可能エネルギーへの取り組み

太陽光発電設備の設置・稼働

再生可能エネルギーを自社調達する手段のひとつに太陽光発電があります。オークワでは2013年7月スーパーセンターオークワ美濃インター店において太陽光発電設備の設置、稼働をスタートしました。2022年3月、スーパーセンターオークワ河南店、2022年4月、オークワ中津川中村店、スーパーセンターオークワ中津川店で稼働させ、2022年4月現在、設置、稼働事業所は13カ所まで拡大しております。今後も再生可能エネルギーの活用拡大に向けた取り組みを推し進めていきます。

太陽光発電設備導入店舗

オークワ 中津川中村店

スーパーセンターオークワ 田原本インター店

スーパーセンターオークワ 河南店

スーパーセンターオークワ 和泉納花店

スーパーセンターオークワ 関店

本社・本社中島店

太陽光発電設備
導入店舗(施設)と発電出力

店舗(施設)名
発電出力
スーパーセンター
オークワ
美濃インター店
1,818枚×255W=463.59Kw
東海食品センター
1,152枚×275W=316.80Kw
和歌山物流センター
1,920枚×275W=528.00Kw
PCセンター(和歌山食品センター)
896枚×275W=246.40Kw
関流通センター
2,376枚×275W=653.40Kw
スーパーセンター
オークワ
関店
1,080枚×360W=388.80Kw
スーパーセンター
オークワ
田原本インター店
1,932枚×300W=579.80Kw
本社・本社中島店
480枚×230W=110.40Kw
スーパーセンター
オークワ
和泉納花店
1,500枚×360W=540.00Kw
スーパーセンター
オークワ
河南店
1,008枚×540W=544.32Kw
安八事業所
549枚×240W=131.76Kw
オークワ
中津川中村店
540枚×450W=243.00Kw
スーパーセンター
オークワ
中津川店
1,440枚×450W=648.00Kw

※2022年5月度以降、年度中に数店舗導入の計画あり。

再生可能エネルギーへの切り替え

太陽光発電設備の設置・稼働の取り組みに加えて、再生可能エネルギー電力の導入を進めています。2021年4月から「本社」・「本社中島店」で、関西電力が提供する「再生エネECOプランプレミアム※1」を活用し、2019年11月より稼働の自家消費型太陽光発電所給電量と併せて、事業活動に使用する電力の100%を実質的に再生可能エネルギーで調達しています。

再生可能エネルギー使用率

  • 再エネ使用
    施設・店舗
  • 自家消費太陽光発電
    使用率
  • 再エネ導入率
  • 再エネ使用率合計
  1. 本社・本社中島店
  2. 15%
  3. 85%
  4. 再エネ率100%
  5. 本社研修センター
  6. 0%
  7. 100%
  8. 再エネ率100%
  9. スーパーセンターオークワ
    和泉納花店
  10. 25%
  11. 25%
  12. 再エネ率50%
  13. スーパーセンターオークワ
    関店
  14. 15%
  15. 35%
  16. 再エネ率50%
再エネ使用
施設・店舗
本社・本社中島店
再エネ導入率 15%
自家消費太陽光発電
使用率
85%
再エネ使用率合計 再エネ率100%
再エネ使用
施設・店舗
本社研修センター
再エネ導入率 0%
自家消費太陽光発電
使用率
100%
再エネ使用率合計 再エネ率100%
再エネ使用
施設・店舗
スーパーセンター
オークワ
和泉納花店
再エネ導入率 25%
自家消費太陽光発電
使用率
25%
再エネ使用率合計 再エネ率50%
再エネ使用
施設・店舗
スーパーセンター
オークワ
関店
再エネ導入率 15%
自家消費太陽光発電
使用率
35%
再エネ使用率合計 再エネ率50%

CO2削減量

※1:発電時にCO2を排出しない再生エネルギー電源(水力発電等)の環境価値を活用し、 実質的に再生可能エネルギー100%の電気を使用することができる、関西電力株式会社が提供するサービスです。